理事長より

康保会は今から90年近く前にアメリカ人宣教師によって、利用者そして地域の幸せを願い、キリスト教の精神に基づき創設されました。現在までにたくさんの園児を送り出してまいりました。このたび、開園より現在までに連綿と受け継がれている当園の精神と保育をよりわかりやすい形にするために、ホームページを制作いたしました。「ひとりひとりの育ちを大切に」という康保会の理念に基づいて保育の内容を一つ一つ再確認しコンテンツごとに整備してみました。当園の行っている保育がより理解しやすいようになっております。

保育園が「選ばれる時代」を迎えて、それぞれの「個性」が求められてきています。私たちは、「地域にとって、子育て家庭にとって、私たちはどのような存在なのか」を改めて保護者のみなさんと一緒に考えていきたいと思っています。子どもの人格が形成される、とても大切な時期を過ごす保育園だからこそ、しっかりとした役割意識と使命感をもって保育にあたります。また、私たち自身も子どもたちや保護者のみなさんと共に成長し、より良い社会づくりに貢献していきたいと思っています。

良い保育は安心できる環境があってこそ。康保会はみなさんご自身の成長を支え、夢を叶えられる環境が整っています。康保会は子どもたちだけでなく、保育士の成長も見守っています。子どもたちの笑顔のために、自分たちが笑顔でいることを大切にしています。

時代のニーズが変化しようとも、常に子どもを守り、支える場、そして育児をサポートする機関であるために努力し続けています。その歴史と経験を生かして、康保会の歴史に子ども達と共に1ページを刻んでいきます。

理事長 遠藤 正明

康保会の
歴史

  • 平成25年
    10月 遠藤正明氏、第五代理事長に就任。
    10月 康保会乳児保育所耐震補強工事完了。
    10月 玉淀園新園舎落成。定員を50名に変更。
  • 平成24年
    11月 玉淀園新園舎建築工事に着手。
  • 平成19年
    康保会診療所を閉鎖。
  • 平成16年
    遠藤和幸氏 第四代理事長に就任。
  • 平成9年
    6月より、公設民営東上野乳児保育園を受託、開園。
  • 平成7年
    度より、保育園で午後10時までの延長保育実施。
  • 平成6年
    度より、乳児保育所で午後10時までの延長保育実施、保育園で午後8時までの延長保育実施。
  • 平成5年
    度より、乳児保育所で午後8時までの延長保育実施、保育園で午後7時までの延長保育実施。
  • 平成4年
    度より、乳児保育所で午後7時までの延長保育を実施。
  • 昭和55年
    遠藤忠男氏、第三代理事長に就任。
  • 昭和48年
    足立病院敷地を東京都水道局に売却。
    4月玉淀園新園舎落成 収容定員60名(埼玉県55名,東京都5名)
  • 昭和47年
    玉淀園の立替のため旧園舎の取り壊し、建築に着手。
  • 昭和46年
    5月 診療所及び乳児保育所落成。(開園当初より午後6時までの保育を実施)
  • 昭和45年
    10月 病院を診療所に縮小,同月病院の建物を取りこわし,乳児保育所建築工事に着手。(補助金1460万円、建築費総額 約1億円)
  • 昭和44年
    足立病院を閉鎖。
  • 昭和40年
    遠藤省三氏、第二代理事長に就任。
  • 昭和39年
    北米デサイプル教団の寄附をもって足立区に病院を建設。
  • 昭和31年
    玉淀園に1棟増築,定員48名に増員,国庫補助金を受ける。
  • 昭和27年
    財団法人より社会福祉法人に組織変更 初代理事長にK.C.ヘンドリックス氏就任。
  • 昭和25年
    北米デサイプル教団の寄附をもって康保会保育園を日本堤1-6-2に再建復活。
    上寄附をもって病院増築,病床75。
    埼玉県共同募金会寄附金により玉淀園に1棟増築,収容定員20名より40名に増員。
  • 昭和23年
    6月1日,乳児院 康保会玉淀園として東京都より認可を受ける。6月30日,埼玉県より認可を受ける。
  • 昭和21年
    敗戦による棄乳児のために乳児院、康保会玉淀園を埼玉県寄居町に建設開始、児童福祉法成立までは、生活保護法により、棄乳児を入所させる。(入所児第1号 昭和22年(1947年)9月3日)
  • 昭和20年
    3月 帝都大爆撃による被害患者約6,000名の救療に従事。
    保育園爆撃により焼失。
  • 昭和18年
    後援会の援助により保育園を浅草今戸3丁目,所在に新築移転,戦時託児所として活動。
    在来の建物を増改築し,医療保護事業康保会病院を設立,戦時救護施設として活動。
  • 昭和16年
    宇佐美勝夫氏,結城豊太郎氏,荒木貞夫氏,船田一雄氏,岩倉具栄氏,秋川貞忠氏,宇佐美辰五郎氏,毛利元良氏等が役員となり,後援会を結成,名称を浅草会館より康保会に変更。
  • 昭和12年
    財団法人設立,遠藤省三氏常務理事に就任。
  • 昭和9年
    5月 診療事業を全日制に拡大,入院設備を増築。
  • 昭和7年
    7月 遠藤省三氏、主事に就任。
  • 大正12年
    9月大震災にて消失,同13年田中町3-3,現在地日本堤2-7-1に復活。
  • 大正9年
    7月,宣教師F・E・ヘーキン氏はじめ大隈伯爵,近衛公爵の協力により浅草今戸3丁目,現在の日本堤2-7-1にセツルメント施設浅草会館を設立,保育,夜間無料診療、夜間学校,労働者強化活動を開始した。
  • もっと見る閉じる

法人概要

法人名
康保会
理事長
遠藤 正明
所在地
〒111-0021 東京都台東区日本堤2-7-1
tel
03-3875-0058
fax
03-3871-8707

決算・役員紹介

役員・評議員の紹介

理事長
理事長

遠藤 正明

理事会
理事 6名
  • 遠藤 正明
  • 町田 健一
  • 大橋 章
  • 柴崎 順三
  • 遠藤 千枝子
  • 篠田 幸子
監事 2名
  • 山口 祐二
  • 長田 守民
評議員会 7名
  • 村上 俊矩
  • 吉岡 榮三郎
  • 大塚 幸雄
  • 田中 緑
  • 木下 文子
  • 細井 隆
  • 曽木 書代
評議員選任解任委員会 4名
  • 松浦 文明
  • 高井 利男
  • 鈴木 芳位
  • 山中 孝一郎

お問い合わせ

康保会へご意見・ご要望などありましたら下のフォームに必要項目をご入力の上、送信ください。